カワハギ釣りの誘い方のコツ「タタキ」

カワハギ釣りの誘い方のコツ「タタキ」

カワハギ釣りの誘い方の「タタキ」についてご紹介しています。

 

どのような誘い方なのかを知り、そのコツを学ぶとよいです。

 

 

カワハギ釣りは、基本的に底を狙います。

 

竿を下に向け、仕掛けを投入します。

 

底に着いたら、糸ふけを取ります。

 

この後に、「タタキ」という誘いをかけていきます。

 

 

「タタキ」は、竿先をシェイク(小刻みに上下に動かす)して誘いをかける方法です。

 

10〜20回ほどシェイクした後、誘うのを止めます。

 

誘いを止めた時に、アタリが出ることがあります。

 

キラキラ光るオモリを付けておくと、さらに効果が期待できます。

 

カワハギ釣り 誘い方 タタキ

 

 

「タタキ」の後の「聞き上げ」が効果的です。

 

「聞き上げ」についてはこちらを参照!

 

 

カワハギ釣りは、何もしないとすぐにエサがなくなってしまいます。

 

誘いを入れることで、エサも同じように動くので、その間はエサを食べられずにアピールし続けることができます。

 

エサを取られにくくする効果もあります。

 

さらに、ついばんできた時には、針掛かりしやすくなります。

 

 

「タタキ」と「タルマセ」を組み合わせてもよいです。

 

釣り人の間では、人気の組み合わせとなっています。

 

 

アタリがあれば、素早く合わせます。

 

針掛かりすれば、後はゆっくり巻き上げればOKです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの誘い方のコツ「タルマセ」「ゼロテンション」

ホーム