カワハギ釣りの誘い方のコツ「タルマセ」「ゼロテンション」

カワハギ釣りの誘い方のコツ「タルマセ」「ゼロテンション」

カワハギ釣りの誘い方の「タルマセ」についてご紹介しています。

 

誘い方を学び、いつでも行えるようにしておく必要があります。

 

 

「タタキ」と同様に、底付近を狙います。

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底したら、糸ふけを取ります。

 

この後、「タルマセ」を実践します。

 

この釣り方をするには、仕掛けに中オモリ(1〜3号)をセットしておきます。

 

 

タルマセ」は、着底後に仕掛けを底に這わせ、その後仕掛けをピンと張って誘う方法です。

 

10〜15秒ほど這わせた後、ピンと張ります。

 

どうしてこのようなことをするのかと言うと、1度ラインのテンションを抜くことで(ゼロテンション)、カワハギが抱く違和感をなくす効果があるのです。

 

それに、カワハギは底に落ちているエサを頭を下げて食べる習性があります。

 

この習性をうまく利用した釣り方です。

 

また、這わせた仕掛けは、しばらくするとピンと張りますので、それによりよい誘いもかかります。

 

ただし、潮が速い時は岩などに絡む恐れがあります。

 

カワハギ釣り 誘い方 タルマセ

 

 

「タルマセ」の後の「聞き上げ」が効果的です。

 

「聞き上げ」についてはこちらを参照!

 

 

さらに、「タタキ」も組み合わせると、より効果的です。

 

人気の組み合わせのため、実践する釣り人も多いです。

 

 

アタリがあれば、すぐに合わせます。

 

焦らず、ゆっくり巻き上げるだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの誘い方のコツ「聞き上げ」

ホーム