カワハギ釣りの誘い方のコツ「聞き上げ」

カワハギ釣りの誘い方のコツ「聞き上げ」

カワハギ釣りの誘い方の「聞き上げ」についてご紹介しています。

 

誘い方には、「タタキ」「タルマセ」「聞き上げ」があります。

 

実は、聞き上げ」がもっとも重要な誘いになります。

 

これは、どういうことなのかと言うと、「タタキ」や「タルマセ」を行った後に、「聞き上げ」で食わせるためです。

 

もちろん、絶対ではなく、それぞれの誘いの時に食ってくることもありますが。

 

 

カワハギ釣りの基本は、「タタキ」「タルマセ」などで仕掛けを動かした後、ゆっくりと「聞き上げ」を行います。

 

こうするとことで、カワハギの反応がよくなるのです。

 

いろいろな釣り方があるので、絶対ではありません。

 

 

では、「聞き上げ」とはどのような誘い方なのでしょうか?

 

カワハギは、底付近を泳いでいます。

 

そのため、狙うのは底付近です。

 

 

まず、竿を下に向けて、仕掛けを沈めていきます。

 

底に着くと、すぐに糸ふけを取ります。

 

この後に、「聞き上げ」を行います。

 

 

聞き上げ」は、竿をスーッと上げる誘い方です。

 

ゆっくり1〜2m上げます。

 

その後、ゆっくり底まで沈めます。

 

これを繰り返します。

 

いろいろな釣りで行われる動作です。

 

こうすることで、アタリや針掛かりのチャンスがアップします。

 

カワハギ釣り 誘い方 聞き上げ

 

 

カワハギ釣り開始後、最初は「聞き上げ」を試してみるとよいです。

 

知らない間にエサが取られるようなら、「タタキ」「タルマセ」を組み合わせると効果的です。

 

エサが動き回ることで、すぐにエサを取られるのを防ぐ効果があり、誘いも掛かります。

 

まさに一石二鳥です。

 

その後に、再度の「聞き上げ」で食わせるのです。

 

 

アタリだと思えば、迷わずに即合わせです。

 

後は、緩めないで巻き上げるだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣り(船)のエサはアサリがベスト!付け方は?

ホーム