カワハギ釣りの堤防での釣り方のコツ

カワハギ釣りの堤防での釣り方のコツ

カワハギの堤防における胴突きでの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

胴突き釣りなので、基本的にはキャストしません。

 

仕掛けを底まで沈め、誘って釣ります。

 

 

ポイントに関しての釣り方において、次の2つに分けられます。

 

1つは、潮通しがよく、カワハギが集まりそうなポイントを探し、撒き餌をまいてカワハギを寄せて釣る方法です。

 

寄せて釣りますので、基本的にはポイントの移動はしません。

 

撒き餌には、チヌの撒き餌ダンゴなどが使われます。

 

 

もう1つは、カワハギがいるポイントを探しながら釣っていくという方法です。

 

ランガンと言われるスタイルです。

 

よりよいポイントを求めて、頻繁に移動します。

 

いかに動けるかで釣果に大きな差が出ます。

 

こちらの釣り方が主流となっています。

 

カワハギ釣り 堤防 釣り方

 

スポンサーリンク

 

 

具体的な釣り方は次のとおりです。

 

まず、波止際に仕掛けを沈めます。

 

際から、20〜30cm離して沈めます。

 

ラインを張った状態で仕掛けを沈めていきます。

 

 

着底すれば、糸ふけを取ります。

 

堤防でも、カワハギは底付近にいますので、底から離しすぎては釣れません。

 

 

着底後も、ラインは常にピンと張った状態にしておきます。

 

ピンと張っていないと、カワハギがエサをつついても、まったく当たりが取れないためです。

 

当たりがあれば素早く合わせます。

 

 

当たりには、穂先が入り込むものや曲がっていた穂先がフラットの状態に戻るものがあります。

 

どちらの場合もすぐに合わせを入れます。

 

 

当たりがなければ、竿をゆっくりとシャクり上げ、その後ゆっくりとフォールさせます。

 

仕掛けを上下に動かすことで、カワハギにアピールするのです。

 

聞き上げです。

 

また、2〜3回軽くシェイクするだけでもよいです。

 

 

カワハギ釣りでは、仕掛けをあまりじっとさせない方がよいです。

 

活性が高い時は、すぐに食い付いてくれるのでまだよいのですが、それ以外の時はうまく針がかりせず、エサだけがなくなることが多いです。

 

活性が高い時でも、エサだけがやられてしまうこともありますが。

 

それを防止するため、極力エサをじっとさせずに動かすのです。

 

 

日によって、どのような誘い方がよいのかわかりません。

 

釣れなければ、「タタキ」や「タルマセ」などの釣り方も試してみるとよいです。

 

 

当たりはあっても針がかりしない時は、針を小さくします。

 

エサを小さめに付けるのも効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りのポイント!堤防ならここを狙え!

ホーム