カワハギ釣りで使う堤防での胴突き竿!エギングロッドは?

カワハギ釣りで使う堤防での胴突き竿!エギングロッドは?

カワハギ釣りを堤防で行う際の竿(ロッド・タックル)の選び方についてご紹介しています。

 

基本的には、堤防や磯・イカダでのカワハギ釣りに使う竿は、船釣りで使う竿とそれほど変わりません。

 

使用するオモリが若干軽いだけで、長さや竿の調子はよく似ています。

 

長さは、2m前後が使いやすいです。

 

8:2ぐらいの先調子の竿がよいです。

 

 

他にも、いろいろな竿を代用することが可能です。

 

カワハギ釣りにアジングロッドは使える?

代用されることが多い竿としては、アジングロッドを挙げることができます。

 

穂先が柔らかいので、カワハギの繊細な当たりを取ることができます。

 

食い上げの当たりも取ることができます。

 

さらに、先調子ということで、胴がしっかりときいているので、素早い合わせが可能です。

 

カワハギ釣りにピッタリです。

 

張りのあるメバリングロッドも使いやすいです。

 

初心者におすすめの竿です。

 

スポンサーリンク

 

 

カワハギ釣りにエギングロッドは使える?

エギングロッドも、カワハギの小さな当たりを取ることができます。

 

しかし、穂先がやや硬いので、食い込み時にカワハギにやや違和感を与えます。

 

食い込んだ時に、仕掛けを弾いてしまうためです。

 

食い上げの当たりを取りにくいです。

 

初心者は、できれば避けた方がよいかもしれません。

 

 

カワハギ釣りにイカダ竿は使える?

イカダ竿も、カワハギ釣りに使うことができます。

 

穂先がとても細く、柔らかいです。

 

そのため、カワハギの当たりが非常に取りやすいです。

 

しかも、胴が硬いので素早い合わせが可能です。

 

カワハギ釣りにピッタリなのですが、穂先が柔らかすぎて、逆に初心者には扱いにくいです。

 

カワハギ釣り 

 

 

トータル的に考えると、初心者にはアジングロッドがもっとも使いやすいです。

 

もし竿の購入を考えているのなら、カワハギ専用の竿(船用)か、アジングロッドのどちらかがよいです。

 

 

また、チヌのカカリ竿を推奨している人もいます。

 

カカリ竿は穂先が柔らかいので、当たりが取りやすく、食い込みがよいためです。

 

 

他にも、船用のカワハギロッドやタイラバロッド、イカメタルロッドも使えます。

 

ただし、これらの竿は基本的にキャストして使うようにはなっていません。

 

そのため、足元をメインに釣る場合に限ります。

 

無理をして折れてしまってはいけませんので。

 

 

いろいろと使える竿があります。

 

釣り方などを考慮して選ぶとよいです。

 

あとは、好みの問題です。

 

 

カワハギ釣りで使う堤防での胴突き竿のおすすめ

カワハギ釣りで使う堤防での胴突き竿のおすすめについてです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りで使う堤防でのリール・ラインの選び方

ホーム