カワハギ釣りで使う堤防用のリール・ラインの選び方

カワハギ釣りで使う堤防でのリール・ラインの選び方

カワハギ釣りで使う堤防でのリール・ラインの選び方

カワハギ釣りで使う堤防用のリール・ラインの選び方についてご紹介しています。

 

堤防での釣りに使用するリールは、両軸リールでも、スピニングリールでも構いません。

 

ただ、両軸リールの方が、底を取りやすいので使いやすいです。

 

両軸リールは、小型のもので十分です。

 

スピニングリールなら、2000番ぐらいの大きさがよいです。

 

 

ラインは、PEを使います。

 

ナイロンやフロロカーボンでも釣り自体は可能ですが、釣りにくいです。

 

PEをおすすめする理由は、PEの伸びないという特性がカワハギ釣りに適しているためです。

 

伸びないので、感度がよく、当たりが取りやすいのです。

 

合わせた時に、針がかりしやすいです。

 

 

カワハギ釣りは、繊細な当たりに反応して、素早く合わせて針がかりさせなければならない釣りです。

 

どれか1つでも欠けると、エサだけが取られて釣れません。

 

そのようなことにならないように、PEを使った方がよいです。

 

 

PEは、0.4〜1.5号を使います。

 

0.6号よりも細いラインでも釣りは可能ですが、その場合はリーダーが必要です。

 

リーダーは、フロロカーボンの1.25〜1.75号を使うとよいです。

 

 

リーダーを付けるとなると、ラインのPEとリーダーのフロロカーボンを結び付けるのが面倒です。

 

きちんとした結び方をマスターしないといけなくなります。

 

釣りをするのに、面倒臭がっていたのでは釣れませんが。

 

できるだけ気軽に釣りを楽しみたいのなら、少し太めのPEを選ぶとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

カワハギ釣りで使う堤防でのリールのおすすめ

カワハギ釣りで使う堤防でのリールのおすすめについてです。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの堤防での釣り方のコツ

ホーム