カワハギ釣りはおかっぱりからでもできる!夜釣りは?

カワハギ釣りはおかっぱりからでもできる!夜釣りは?

カワハギ釣りは、どこでも行うことができます。

 

個人的には、カワハギ釣りは船釣りの印象が強いです。

 

船で釣りに行くと、30cmを超えるような大型が釣れます。

 

うまくいくと、数もたくさん釣れます。

 

カワハギ釣り おかっぱり

 

 

では、おかっぱりからはどうなのでしょうか?

 

たまに新聞などで、堤防でのカワハギ釣りについての特集が組まれています。

 

堤防からも、比較的簡単にカワハギが釣れます。

 

ただ、船で釣るのような大型はあまり釣れません。

 

平均は15cmほどで、20cmを超えればよい方です。

 

もちろん、大型が釣れる場所もあるかもしれませんが。

 

堤防以外にも、カワハギ釣りは磯や筏などからも狙えます。

 

 

堤防でのカワハギ釣りの魅力についてご紹介します。

 

船釣りとは違って、船代などエサ以外ではお金がかかりませんので、気軽に釣りに行けます。

 

少しサイズは小さいですが、もちろん釣ったカワハギを刺身にしたり、鍋に入れたりして食べることができます。

 

カワハギ釣りは、基本的には仕掛けを足元の底へ沈めるだけで釣れます。

 

投げ釣りのようにキャストしなくてもよいので、釣り初心者でもすぐにできます。

 

気軽に簡単にできるのはうれしいですね。

 

 

ただ、カワハギは昼行性なので、夜釣りを行っても釣れません。

 

そのため、朝マズメから夕マズメまでが勝負です。

 

 

カワハギ釣りは、釣り方はシンプルですが、慣れないとなかなか釣り上げられません。

 

カワハギは、エサ取り名人と言われるように、いつの間にかエサを食べてしまいます。

 

そのため、ちょっとしたアタリを逃すと、まったく釣れないこともしばしばあります。

 

今度は絶対に釣ってやろうと、どんどんカワハギ釣りにのめり込んでいく人も多いです。

 

釣れそうでなかなか釣れないというのも、ファンを増やしている大きな理由になっています。

 

興味のある人は、まず堤防でカワハギを狙ってみるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの堤防での胴突き仕掛け(針など)

ホーム