カワハギ釣りの投げ釣り・ちょい投げの釣り方

カワハギ釣りの投げ釣り・ちょい投げの釣り方

カワハギ釣りの投げ釣り・ちょい投げでの釣り方についてご紹介しています。

 

対象魚がカワハギと言っても、基本的な釣り方は普通の投げ釣りと変わりません。

 

それだけに気軽に釣りに行けます。

 

カワハギ釣り 投げ釣り

 

 

カワハギは底が砂地で、近くに岩礁帯があるようなポイントにいます。

 

そのようなポイントを見つけることから始めるとよいです。

 

 

ポイントが決まれば、まずキャストして仕掛けが底に沈むまで待ちます。

 

着底すれば、仕掛けをゆっくりと引いてきます。

 

引き釣りが一般的です。

 

置き竿にして釣る方法もありますが、あまりおすすめしません。

 

仕掛けを動かさないと、すぐにエサを取られてしまうためです。

 

 

引いていると、コツコツと当たりがあります。

 

タイミングを見て合わせます。

 

後は、一定の速さで巻き上げればよいです。

 

 

1度釣れれば、再度同じポイントに仕掛けがいくようにします。

 

カワハギは、同じポイントに集まっていることが多いので、連続ヒットの可能性が高まります。

 

 

何匹か釣ると、針先が鈍くなってきます。

 

すると、カワハギの硬い口に刺さりにくくなります。

 

鈍くなれば、針を交換します。

 

そのため、予備の針(ハリス付)を多めに用意しておくとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの投げ釣り・ちょい投げで使うエサ

ホーム