カワハギ釣りの釣り方のコツ!アタリがあれば即合わせが基本

カワハギ釣りの釣り方のコツ!アタリがあれば即合わせが基本

カワハギ釣りの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

カワハギ釣りは、初心者は難しく感じるかもしれません。

 

ただ、慣れてしまえば、決して難しい釣りではありません。

 

 

どんな釣りでもそうですが、いかに食わせて針に掛けるかです。

 

カワハギ釣りに関わらず、こうすれば絶対に釣れるという方法はありません。

 

その日の海の状況などによって、最善の釣り方を見つけなければならないのです。

 

 

カワハギ釣りが難しく感じられるのは、いかに誘って針に掛けるかが、思うようにできないためです。

 

カワハギは大きな当たりで、針掛かりすることは少なく、ほとんどが小さな当たりで、いつの間にかエサを食べてしまっています。

 

もちろん、針に掛からずにです。

 

エサ盗り名人と言われるのはそのためです。

 

カワハギ釣り 釣り方

 

 

基本的には、小さな当たりがあれば、素早く合わせなければなりません。

 

タイミングが遅れると、エサはすべてやられてしまいます。

 

そのため、怪しいと思えば、何でも合わせることが重要です。

 

回数をこなしていけば、だんだん当たりがわかるようになってきます。

 

 

あとは、いかに誘いをかけてカワハギに食わせるかです。

 

誘いのテクニックも非常に重要です。

 

誘い方は、人によりさまざまです。

 

長い経験の中で、自分なりの誘い方を確立しているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

釣り方の流れは、次のとおりです。

 

基本的には、底を狙うので、オモリをに着けます。

 

着底後、糸ふけを取って誘いをかけます。

 

誘った後は、必ず待ちます。

 

この待ちが非常に重要です。

 

待ちの時に食ってくることが多いためです。

 

ピタリと止めないと食ってくれないこともあります。

 

 

待ちの基本は、ゼロテンションです。

 

オモリを底に着けた状態で、仕掛けを張らず緩まずのテンションでキープします。

 

そうすることで、カワハギの小さな当たりを取りやすくなります。

 

当たりがあれば、即合わせするだけです。

 

 

初心者は、まず基本的な誘い方をマスターする必要があります。

 

主な誘い方は、次の3つです。

 

「タタキ」「タルマセ」「聞き上げ」です。

 

これらの誘い方をマスターしてから、それらを組み合わせたり、アレンジすればよいのです。

 

 

3つの誘い方については、別の記事でご紹介します。

 

タタキ

 

タルマセ

 

「聞き上げ」

 

 

底でカワハギの当たりがなければ、宙釣りがおすすめです。

 

底にオモリを付けず、やや巻き上げた状態で釣ります。

 

外道が多い場合、少し巻き上げて外道を回避するとよいです。

 

カワハギは、基本的に底付近にいますが、やや上の棚にいることもあります。

 

2mぐらい上げた方がよいこともあります。

 

宙釣りに、「タタキ」や「聞き上げ」を組み合わせて釣ってもよいです。

 

 

食いが悪い時は、針やエサを小さくするとよいです。

 

いろいろと工夫することで、食いがよくなることがあります。

 

 

当たりはあるが、針がかりしないことがあります。

 

そのような時は、竿を下げてラインを送り出して合わせるとよいです。

 

うまく針がかりすることがあります。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの誘い方のコツ「タタキ」

ホーム