カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)の選び方

カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)の選び方

カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)の選び方

カワハギ釣りに使う竿の選び方についてご紹介しています。

 

エサ取り名人のカワハギを釣るのです。

 

穂先の感度がよくないと、繊細な当たりを取ることができません。

 

また、カワハギの口は硬いので、針をかけるにはある程度胴がしっかりしていないといけません。

 

そのため、カワハギ釣りに適しているのは極先調子の竿です。

 

8:29:1の調子の竿を選ぶとよいです。

 

 

おすすめは、カワハギ釣り専用の竿です。

 

長さは、1.8〜2.1mが主流となっています。

 

 

また、カワハギ釣りは、「タタキ」「タルマセ」「聞き上げ」といった独特の誘い方をします。

 

専用の竿は、自重が軽くなっているなど、こうした釣り方に対応しているので間違いありません。

 

 

カワハギ釣り専用の竿は、いろいろなメーカーからたくさん販売されています。

 

基本的には、どれを選んでも問題はありません。

 

中級クラス以上の竿の方が釣りやすいです。

 

中級クラス以上の竿は少し高くなってしまいますが、感度や軽さなどの面で優れています。

 

繊細な釣りだけに、ある程度使いやすさも考慮した方が失敗が少ないです。

 

自分が納得して使える竿を探すとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)のおすすめ

カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)のおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りのリール(電動リール)の選び方

ホーム