ハギングの仕掛け(ロッド・リールなど)

ハギングの仕掛け(ロッド・リールなど)

ハギングの仕掛け(ロッド・リールなど)についてご紹介しています。

 

ハギングとは、カワハギをルアーで狙う釣りのことです。

 

最近は、アジングやメバリングなど、ルアーでの釣りが大人気です。

 

カワハギも、ルアーで狙うようになってきました。

 

これから、どんどん人気が出ていきそうです。

 

 

ハギングの仕掛けは、次のとおりです。

 

ハギング 仕掛け

 

 

 

アジングやメバリングなどのようにジグヘッドは用いません。

 

胴突き仕掛けをセットします。

 

これに、ワームを付けて誘って釣るのです。

 

ロッド

シロギスロッドアジングロッドエギングロッドなどを使います。

 

長さは、2m前後がよいです。

 

先調子のロッドが、当たりが取りやすくておすすめです。

 

 

 

 

 

リール

ベイトリールでも、スピニングリールでも構いません。

 

ベイトリールなら小型、スピニングリールなら2000〜2500番ぐらいがよいです。

 

 

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの0.8〜1号を巻いておきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの2〜3号をセットします。

 

 

仕掛け

市販のカワハギ用仕掛けを用意します。

 

もちろん、自作しても構いません。

 

針は、4〜5号ぐらいのものがよいです。

 

 

オモリ

オモリは、ナス型の4〜10号を使います。

 

 

ルアー

ワームを使います。

 

おすすめは、パワーイソメです。

 

中サイズがよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ハギングの釣り方

ホーム