カワハギ釣りの仕掛け(船・ボート)

カワハギ釣りの仕掛け(船・ボート)

カワハギ釣りの船(ボートを含む)仕掛けについてご紹介しています。

 

カワハギ釣りは非常に繊細な釣りなので、使用する釣り具や仕掛けはライトです。

 

 

カワハギの船釣りでは、次のような仕掛けを使います。

 

カワハギ釣り 仕掛け 船 ボート

 

 

 

竿

カワハギの船釣り竿の詳細はこちら!

 

 

リール

カワハギの船釣りリールの詳細はこちら!

 

 

ライン

ラインは、PEの0.8〜1号を使います。

 

PEは伸びないので、高感度で当たりが取りやすいです。

 

合わせも、きっちりと決まります。

 

 

中オモリ

中オモリの1〜3号を使います。

 

集魚効果を高めるために、ビーズなどの派手な飾りが付いているものが多いです。

 

カワハギがたくさんいるポイントでは付けない人もいます。

 

中オモリを付けるかどうかは好みです。

 

 

 

集寄(中オモリを含む)によって、釣果に大きな差が出ることがあるので、念のために何種類かずつは用意しておきたいです。

 

カワハギの船釣りで使う集寄の詳細はこちら!

 

 

ハリス・針

ハリスは、2.5〜3号です。

 

ハゲ針4〜6号丸セイゴ針7〜9号がおすすめです。

 

ハゲ針は、積極的に掛けていく釣りに適しています。

 

丸セイゴ針は、全体が小さいので吸い込みやすいです。

 

他に、吸い込みと刺さりのよさの両方を兼ね備えた早掛け針(7号前後)もおすすめです。

 

 

市販の仕掛け(エダスは7cm、間隔は10〜15cm、幹糸は3号、3本針が基本)を購入してもよいです。

 

カワハギは口が堅いので、釣り上げるとすぐに針先が鈍くなってしまいます。

 

針先が鈍くなると、針がかりしにくくなりますので、替え針(ハリス付き)をたくさん用意しておきます。

 

替え針をセットする際には、必ず針先が上を向くようにします。

 

食いが渋い時は、掛け針系ではなく、ノマセ針系の方がよいです。

 

 

 

オモリ

オモリは、10〜30号を使います。

 

潮の状況などによっても変わることがあります。

 

船によっては、30号と重さを決めています。

 

事前に確認しておくとよいです。

 

 

最近は、いろいろなオモリが販売されています。

 

ホログラムが貼ってあるものやケミホタルをセットできるもの、音でアピールするラトル入りのものなどがあります。

 

基本はホログラムで、状況によってラトル入りを使うとよいです。

 

ただ、どれがよいかは日によって異なります。

 

 

 

 

その他

深場で釣る時などは、大きな集寄は抵抗になるので使わない方がよいです。

 

状況に応じて、中オモリの上にケミホタルなどの発光アイテムを付けます。

 

ラトル音でカワハギを寄せることもできます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「カワハギ釣りの竿(ロッド・タックル)の選び方

ホーム