カワハギ釣りのエサはアサリがベスト!付け方は?

カワハギ釣り(船)のエサはアサリがベスト!付け方は?

カワハギ釣りのエサとして有名なのが、アサリです。

 

多くの釣り人がアサリを使っています。

 

これは、船釣りでも、オカッパリでの釣りでも同じです。

 

 

カワハギ釣り エサ

アサリは、生の身を用意します。

 

生の身なら冷凍されていてもOKです。

 

マルキューの「くわせ生アサリ」などの市販のものを購入すると便利です。

 

 

身は柔らかいので、塩で締めるとよいです。

 

使う前に、海水で軽く塩を落とします。

 

このようにすることで、多少は長持ちします。

 

また、使用前にマルキューの「アミノ酸α」をかけると、食いがよくなるという話もあります。

 

 

ダイワの「アミノソルト 激旨」もおすすめです。

 

 

1度試してみる価値はありそうです。

 

 

アサリの針への付け方が、ちょっと初心者にはわかりにくいです。

 

はじめに、水管(潮を吐く管)に針を刺し込みます。

 

ベロにしっかりと針を入れ、最後にワタの中で針先を止めます。

 

アサリを丸めるようにして針に掛けます。

 

やってみると、意外に簡単です。

 

何回か練習すれば、すぐにできるようになります。

 

 

参考動画

 

 

カワハギ釣りのエサとしては、アサリしか使われないのでしょうか?

 

そのようなことはありません。

 

釣り人によっては、いろいろなエサを持っていきます。

 

食いが落ちた時に、ローテでエサを変えています。

 

そうすることにより、再度カワハギが食ってくれるのです。

 

定番はアサリですが、何種類か用意しておくと、いざという時に役に立ちます。

 

 

では、アサリ以外では、どのようなエサが使われるのでしょうか?

 

ブラックタイガーオキアミなどのエビ類やアオイソメなどの虫類などが多いです。

 

日によって、カワハギの反応が違うことがあります。

 

食いが渋い時は、いろいろ試してみることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ハギングの仕掛け(ロッド・リールなど)

ホーム